(入賞選手発表)第2回“あおぞら杯”結果報告

【第2回あおぞら杯結果発表】

〇24式・42式太極拳60代

第1位 应選手  8.53(24式太極拳)
第2位 应選手  8.50(42式太極拳)
第3位 長瀬選手 8.42(24式太極拳)

メダル①-2 メダル①
     应選手          長瀬選手

〇各種太極拳60代・70代

第1位 野村選手 8.70(陳式太極拳)
第2位 本間選手 8.48(楊家秘傳太極拳)
第3位 伊藤選手 8.45(陳式太極拳)

メダル② メダル②-2
    本間選手       伊藤選手

〇24式太極拳・32式太極剣80代・90代

第1位 村井選手 8.45(42式太極拳)
第2位 新選手  8.38(32式太極剣)
第3位 新選手  8.35(24式太極拳)

メダル③
左から新選手、村井選手。
そして、本競技会最高年齢90歳の阿部選手(特別賞受賞)

〇各種太極剣70代

第1位 山崎選手 8.40(武当剣)
第2位 森山選手 8.33(42式太極剣)
第3位 荻原選手 8.28(32式太極剣)

メダル④
右から山崎、森山、荻原選手

〇各種太極剣60代

第1位 立木選手 8.50(42式太極剣)
第2位 佐藤選手 8.45(32式太極剣)
第3位 应選手  8.45(42式太極剣)

メダル⑤
右から佐藤、立木選手

〇32・42式太極剣・太極拳扇40代・50代

第1位 平井選手 8.53(太極扇)
第2位 謝選手  8.41(32式太極剣)

メダル⑥ メダル⑥-2
   平井選手       右、謝選手

〇24・42式太極拳50代

第1位 山崎選手 8.63(42式太極拳)
第2位 黒田選手 8.53(24式太極拳)
第3位 謝選手  8.51(24式太極拳)

午後一メダル①
  右から山崎、黒田、謝選手

〇24式太極拳・32式太極剣・42式太極拳 10代・20代・30代

第1位 施選手  8.48(24式太極拳)
第2位 施選手  8.45(42式太極拳)
第3位 春日選手 8.41(42式太極拳)

午後一メダル②
   右から施、春日選手

〇24式太極拳40代

第1位 小嶋選手 8.45(24式太極拳)
第2位 山口選手 8.41(24式太極拳)
第3位 佐藤選手 8.40(24式太極拳)

午後一メダル③
  右から山口、小嶋、佐藤選手 

〇各種太極拳40代・50代

第1位 平尾選手 8.65(陳式太極拳)
第2位 黒田選手 8.55(孫式太極拳)

午後一メダル④
   右から平尾、黒田選手

〇24式太極拳70代

第1位 小杉選手 8.45(24式太極拳)
第2位 奥山選手 8.41(24式太極拳)
第3位 廣選手  8.40(24式太極拳)

午後一メダル⑤
 右から小杉、奥山、廣選手

〇中国武術

第1位 永原選手 8.98(双手剣)
第2位 落合選手 8.73(翻子拳)
第3位 宮下選手 8.65(剣術A)
    木村選手 8.65(八極剣)
第4位 森選手  8.43(剣術A)

午後一メダル⑥
 右から永原、落合、木村、宮下、森選手

【グランドチャンピオン発表】

〇男子太極拳  野村選手(陳式太極拳)  8.70
 女子太極拳  山崎選手(42式太極拳) 8.63

〇男子中国武術 永原選手(双子剣)    8.98*2年連続Gチャンピオン
 女子中国武術 森選手 (剣術A)     8.43  

【第2回あおぞら杯プログラム】

第2回①

第2回②

第2回③

第2回⑤

【チラシ配布後のトピックスです。】
エントリー方法は、一番下のご案内をご覧下さい。

〇3月21日(水)

中国より3名の方が第2回「あおぞら杯」にエントリー!
ついに海外からのエントリーも出ました。

〇4月3日(火)

中国より第2回「あおぞら杯」にライ・ジン老師の視察決定!
視察対象事業に選ばれ嬉しいです。

【ライ・ジン老師 略歴】
 北京体育職業学院副教授
 国家一級審判
 武術段位6段
 陳式太極拳社会体育指導員

〇4月11日(水)

現在、東京・埼玉・千葉・福島・山形・岐阜・富山と
1都6県からのエントリーがあります。

〇4月12日(木)

各カテゴリーに6名以上の選手がエントリーしていた場合、
下記の金・銀・銅のメダルを出す準備をしています。

メダル金 メダル銀 メダル銅

現在、中国の業者さんと話し合い済みの内容で変更がなければ
メダル購入は決定です。
ただ、アジア業者との取引は、
土壇場で条件が変わってしまうこともあるので、
どうなるかは分かりませんが…
曖昧なトピックスですみません。ちょっぴり期待していて下さい。

〇4月21日(土)

・メダルは金12枚、銀12枚、銅12枚の合計36枚用意出来ることに決定。
 背面には、“2018 第2届青空杯日本武術太極拳比賽“と中国語でタイトルあり。

  ちなみに冠軍は中国語でチャンピオンの意味です。
  どの種目にメダルを出すかは当日配布する案内でお知らせします。
  ざっくり計算すると120名のエントリーがあった場合、
  約40枚のメダルがあるので、3人に1一人はメダル獲得のチャンス!
  皆さん、ぜひ、頑張って下さい。

・ 茨木、秋田からのエントリーがあったので、
  東京・埼玉・千葉・福島・山形・岐阜・富山・茨木・秋田の  
  現在、1都8県からのエントリーがあります。

・ 現役、県代表選手、日本チャンピオンのエントリーがありました。
  我こそは!と思う方、ぜひ、あおぞら杯に挑戦して下さい。

〇健康のために太極拳を始めた方は、5月20日(日)「第2回 あおぞら杯」へぜひ!

太極拳指導に従事して、18年目を迎えました。
仕事をしていて思うのは、年配になると
人の健康状態や若さは実年齢とは関係がないようです。
同じ70歳でも若く見える人もいれば、そうでない人もいます。
その人の生活習慣や思考が大きく健康に影響を与えているようです。

結論から言うと、意欲的、積極的、
それ(対象の事柄)を楽しむことが出来る人からは、
元気で若々しい感じを受けます。

そう言う視点から、
「健康のために太極拳をやっている。」と言う方は、
ぜひ、この「あおぞら杯」に挑戦して下さい。
「私は、型を覚えていないから。」と言われるなら、
申し込みをすれば、必ずその日までには型は覚えられます。
人は無期限で何かに取り組むより、
期限を決めて取り組んだ方が達成率が高いのは、
誰もが納得できるのではないでしょうか。
また、漠然と日々を過ごすより、
小さな目標を設けて生活した方が、緊張感や張りが出ると思います。

自分自身の話で言えば、
この日に演武の仕事があると決まっていれば
練習にも身が入りますが、
何もない時は気が緩んでしまいます。
仕事も忙しい時の方が、体調が崩れません。
適度な緊張感と張りが生活に良好な影響を与えているのだと思います。

今年のあおぞら杯には、
すでに80歳以上の方が2名エントリーされています。
締切り日ギリギリまで様子を見て、
元気だったら90歳の方もエントリー予定だと聞いています。
ぜひ、この「あおぞら杯」を健康作りにご活用頂ければ幸いです。

尚、当日は太極拳グッズの東方商事様が出店予定です。
靴や演武服を直接見てご購入を決めたい方は、
直に太極拳グッズをお手元に取って見られる数少ないチャンスなので
ぜひ、会場にどうぞ。
出店確定後に再度、本ページでお知らせ致します。
※来場の際には、聖天宮に入るために拝観料500円がかかります。

 第2回 武術競技大会「あおぞら杯」開催要項

2018年1月アップ
2018年1月アップ2