氣凛ここが売り!

氣凛イメージ①

ここが売り!① 
  準備体操から違う

太極拳の極意は、“力まない”です。
柔らかく体を使えるように
ちょっと変わった体操をしています。

ここが売り!② 
  1クラス8名の少人数

各講座の定員は、8名と少人数なので
細かいところまでしっかりと学べます。
プライベートレッスンのような充実度!

ここが売り!③ 
  多角度からの指導

下記の流れで丁寧に指導をします。

1)手足の位置を説明。(動作規格)

2)技(攻防理論)の解説。

3)さらに掘り下げて解説をした方が
  よい太極拳用語は板書をして解説。

4)詳しい体の使い方を説明。
  パフォーマンスを上げましょう。

〇カラダを目覚めさせる太極拳                                      

 年齢と共に減って行くのが脚の筋肉量。30代と比べると80代では筋肉量は約半分になります。バランス感覚にいたっては30代を基準とした時に80代では約8割のバランス感覚を失い
ます。

 私の20年の太極拳指導経験から言うと、70代まで運動と無縁だった方の体幹はガチガチに固まっていて、まるで板のようです。カラダを動かした時の柔らかさやしなやかさが著しく欠けています。そこで、カラダの機能性を上げて行くためにも太極拳をお薦めします。お薦めの理由は、動きがゆっくりで年齢に関係なくどなたでも出来るからです。脚を使う運動が主で、身体の中で一番大きな筋肉「大腿四頭筋(太ももの筋肉)」を効率よく鍛えることが出来ます。筋肉がつくことにより基礎代謝の向上、血行の改善、脚力アップ、バランス感覚の回復等が期待できます。

 〇複雑な動きが脳を活性化させる

 太極拳は見た目以上に難しく、覚えるのに一苦労します。太極拳をはじめた方が必ず言われる一言が「いいボケ防止になる。」です。この覚える作業が脳内の様々な領域(視覚・聴覚・思考・理解・運動・記憶・感情)に刺激を与え頭の体操となります。

 〇動く禅、それが太極拳。学生、ビジネスパーソンのパフォーマンスを上げる!

 太極拳は動く禅とも言われます。今、行っているその動きに意図的に意識を向け、何事にもとらわれず、ただ、1つ1つの動きを続けて繋げて行きます。大切なのはただ行う、だけです。

 昨日のことを思い出したり、明日のことを考えたりして、気持ちが過去や未来にひっぱられることなく、意図的に今、この瞬間の動きにだけ意識を向けます。学生やビジネスパーソンのパフォーマンスを低下させる理由の1つは思考や言動がとらわれ、居着いてしまうことです。一度、そこを離れてみると新しい発想が生まれます。“無”、“空”を作り出すためのトレーニングとして太極拳をご活用下さい。

 〇どこまでも極めて行くことが出来る“スタジオ氣凛”

 公共施設を利用して行われている太極拳教室では一般的に3種類程度の型を指導しているところが多いようです。型は一度覚えてしまうと新鮮味が薄れ飽きてしまうことは否めないので、スタジオ氣凛では、いつも新たな気持ちで学習に取り組めるように一般的な太極拳教室の10倍の30種類以上の型の指導を行っています。また、講師が北京体育大学武術学部を卒業していることから、本場の大学同様に太極拳用語の解説流派の違いや歴史の紹介技の使い方中国語の読み方やその意味までを1つ1つしっかり掘り下げて専門的に解説しています。そして、太極拳が面白くなり、太極拳の世界を広げたいと思った方には、色々な展開が出来るように準備をしています。具体的には、日本の太極拳団体では唯一のオリンピック委員会加盟団体の(社)日本武術太極拳連盟の実施する技能検定への申込み県大会・全日本選手権大会へのエントリーが出来ます。また、本場で学びたいと言う方には、現地の大学への短期・長期留学の手続きも致します。

 スタジオ氣凛自体でも坂戸市の後援を頂いて発表会と競技会を年に1回ずつ主催しています。発表会はすでに11年開催しており、現在は300人以上のご参加がある大規模なものへとなって来ました。競技会につきましては80万円の経費をかけて中国より国際級審判を含む2名を招へいして本場以上のものを目指して開催しています。去年の競技会には1都8県からのエントリーがありました。

太極拳のことならスタジオ氣凛で全てのことが実現出来ます。

〇カンフー(中国武術)教室のご紹介

 広い面積を必要とするため会場が近隣体育館に変わりますが中国武術教室も行っています。中国武術は、運動を行うための5大要素(筋力・持久力・瞬発力・柔軟性・機敏性)をバランスよく鍛えることが出来ます。こちらもお薦めです。映画のようなカッコイイ技がマスター出来ます

〇入会金・月謝

 入会金5,000円 月謝5,000円 無料体験が1回出来ます。