(未定)太極拳のための中国語講座

太極拳を始めたのをきっかけに
「太極拳学習にも役立つから中国語を始めました。」
と言う人を見かけます。
ですが、それだと
ご自身の希望に沿う形にはなりにくいです。
「希望に沿う形」と書きましたが、
ほとんどの方がイメージする学習の成果とは…

〇太極拳用語がカタカナ読みではなく
 しっかりとした発音で読みたい

だと思います。
実は、これをマスターするには
中国語教室で日常会話を勉強しても
チョット難しいです。
理由は、太極拳用語は専門用語のため
日常会話では全く使われないからです。
一般的な中国語講座で行っているのは
“日常会話”です。
中国語の学習は用途に応じて
講座を選ぶ必要があります。
例えば、
「仕事で使いたいから中国語を始めよう。」
と思ったのならばビジネス用語に特化した講座
“ビジネス会話中国語“と言う講座を選択します。

そう考えると、
太極拳用語をマスターしたいと思ったら
“太極拳用語 中国語”
と言う講座を選択する必要があります。
しかし、
そんな講座は現時点では
どの語学教室にもございませんので、
スタジオ氣凛では、
太極拳愛好者のそのようなご要望に応えたいと
“太極拳用語 中国語”講座を企画しました。

本講座では、
太極拳用語のマスターの他に、
中国の先生とも簡単な会話が楽しめるような
オリジナル教材を勉強します。
その理由は、
太極拳用語の習得もそうですが、
もう1つ中国語を始める理由として多いのが
「先生と中国語で話してみたいから。」
と言うものです。
しかし、
中国語学習歴が数年の方々でも
大概は、実際のシーンでは
会話が思うように成立していないのを
よく見かけます。
その理由は、
学習の仕方が遠回りをしているからです。

どういうことか1つ例を挙げると、
北京空港のカウンターで働く
航空会社の日本人スタッフ。
皆さん、中国語が堪能です。
僕の知り合いにも全日空にお勤めで
北京空港勤務の日本人の友人がいます。
もちろんその友人は素晴らしい語学力です。
その友人から聞いた面白い話は、
「窓側にしますか?通路側にしますか?」
くらいしか日々使わないから、
中国語を忘れてしまいそう。(笑)
とのことでした。

僕が何を言いたいかと言うと
実は、
中国の先生を日本にお迎えした時に
使う言いまわしは同じ
だと言うことです。
生徒の皆様であれば、
先生との会話で話す内容はおおよそ想定でき、
大体下記の内容になるのではないでしょうか?

〇先生、いつ日本に来られたのですか?
 いつ帰国されますか?
〇何歳から太極拳をやっているのですか?
〇日本に滞在中はどこに行きますか?
〇この後の打ち上げには、私も行きます。
〇和食は口にあいますか?

などです。
だったら、ここからスタートして、
ここを覚えれば良いのです。
それを発音・文法・単語・慣用句と
テキストに沿ってご自身が必要としない
シチュエーションから学習していくので
中国語を長期学習しているのに、
使いたいときに
使いたいフレーズが出て来ない
と言う悲しい結果になってしまいます。

私自身の話を致しますと、
私が先生の通訳をしている姿を見た
受講者の方々からは
「さすが北京体育大学卒業者、
中国語がペラペラですね。」
などと言われますが、
使う中国語は限定されてますので、
実は…
そうでもないのです。(笑)
使われる単語や言い回しは
そんなに幅がないので、
そこに特化して学習をすれば
案外といけるものなのです。

以上、
上記のお話でご紹介した通り、
本講座では太極拳用語、
それと、
中国の先生とおそらくするだろうと言う
会話を予想して学習します。
やはり言葉は会話が出来、
コミュニケーションがとれ
はじめてツールとして役立つものなので、
文法や単語量を増やすための暗記より
実際に使って楽しめる
これにつきます。

日 時:
会 場:スタジオ氣凛
対 象:どなたでも可
内 容:全2回(1回80分)

【下記の太極拳用語の発音の学習】

最初に簡単な発音練習
〇24式太極拳の動作名称の発音練習
〇24式に付随する手型・掌法と
 歩型・歩法の名前の発音練習
 ※虚歩をシーブゥ、蹬脚をドンジャオ
  とは発音しません。
〇五歩八法の発音練習
〇太極拳術十要の発音練習

おまけ
〇32式太極剣の発音練習
〇42式拳の発音練習
   

【中国から先生が来たことを想定して、予想される会話の学習】
オリジナルテキストを使って学習します。

定 員:4名
受講料:16,000円
   (1回あたりの受講料8,000円)
※ご自身の勉強したい内容に進むまで
 語学教室に通われるより費用対効果が効率的。